FC2ブログ

ワールド2chニュース-W2N- 

海外のニュースを中心にした情報サイトです

【日本】脳内の外界情報データベースが作られる仕組みを解明 従来の定説を覆す発見

2013.07.15 (Mon)
1478520no.jpg

1 :白夜φ ★:2013/07/15(月) 00:12:58.15 ID:???
脳内の外界情報データベースが作られる仕組みを解明
  ~従来の定説を覆す発見~

東京大学大学院医学系研究科機能生物学専攻統合生理学分野の宮下保司教授、平林敏行特任講師らは、霊長類大脳皮質の階層的な領野構造に作り上げられる外界の情報データベース「外界の内部表現」(内部表象)の新しい計算原理を発見しました。


私たちは、脳の外界情報データベース「外界の内部表現」を通じて世界を認識しています。
物体の視覚特徴の表象様式は大脳皮質の内部表現の中でも最もよく調べられています。
しかし、個々のニューロンの活動計測に基づいた従来の見解では、ある脳領野における視覚特徴の神経表象は、その領野において生成され、支配的な神経表象になると考えられてきました。
これに対して、低次領野において神経表象の「前駆コード」が少数生成され、それが高次領野において「増殖」する、という「前駆コード生成→増殖仮説」も立てられます。
本研究では、マカクザル下部側頭葉の隣接した領野であるTE野と36野のそれぞれにおいて複数のニューロンから同時に活動を記録し、図形間対連合の神経表象を生成する神経回路を明らかにすることにより、後者の仮説が正しいことを初めて実証しました。

本研究により、私たちの脳が世界を表象する原理についての理解が深まるのみならず、階層的な構造をもつ人工データベースの効率的設計や、神経表象に関わる疾患に対する治療法にも繋がると期待されます。

本研究は、科学技術振興機構(JST)戦略的創造研究推進事業(CREST)研究領域「脳神経回路の形成・動作原理の解明と制御技術の創出」の一環として行われ、研究成果は米国科学雑誌「Science」7月12日号に掲載されました。
___________

▽記事引用元 東京大学 広報・プレスリリース最新情報(2013年(平成25年))
http://www.m.u-tokyo.ac.jp/news/press.html#20130712

リリース文書[PDF: 697KB]
http://www.m.u-tokyo.ac.jp/news/admin/release_20130712.pdf

▽関連
Science 12 July 2013:
Vol. 341 no. 6142 pp. 191-195
DOI: 10.1126/science.1236927
Microcircuits for Hierarchical Elaboration of Object Coding Across Primate Temporal Areas
http://www.sciencemag.org/content/341/6142/191.abstract


zu1.jpg









2 :名無しのひみつ:2013/07/15(月) 00:16:24.17 ID:13wna3sh
>>3に続く







3 :名無しのひみつ:2013/07/15(月) 00:17:12.64 ID:QdfGcm0/
>>1
知ってた。








9 :名無しのひみつ:2013/07/15(月) 01:11:42.90 ID:JXICA/EU
>>1を理解するのは用語の説明がなさ過ぎじゃね?






13 :名無しのひみつ:2013/07/15(月) 02:15:03.58 ID:Yk/n+1kl
誰か>>1を日本語に翻訳できる人はいない?








4 :名無しのひみつ:2013/07/15(月) 00:22:50.35 ID:WQ3AR0n4
東京大学大学院医学系研究科機能生物学専攻統合生理学分野
東京大学大学院医学系研究科機能生物学専攻統合生理学分野
東京大学大学院医学系研究科機能生物学専攻統合生理学分野
東京大学大学院医学系研究科機能生物学専攻統合生理学分野
東京大学大学院医学系研究科機能生物学専攻統合生理学分野
東京大学大学院医学系研究科機能生物学専攻統合生理学分野
東京大学大学院医学系研究科機能生物学専攻統合生理学分野
東京大学大学院医学系研究科機能生物学専攻統合生理学分野
東京大学大学院医学系研究科機能生物学専攻統合生理学分野
東京大学大学院医学系研究科機能生物学専攻統合生理学分野
東京大学大学院医学系研究科機能生物学専攻統合生理学分野
東京大学大学院医学系研究科機能生物学専攻統合生理学分野
東京大学大学院医学系研究科機能生物学専攻統合生理学分野
東京大学大学院医学系研究科機能生物学専攻統合生理学分野








6 :名無しのひみつ:2013/07/15(月) 00:49:55.88 ID:NMgHfJcp!
>>4
宿題忘れた子は100回書きなさ~い。







5 :名無しのひみつ:2013/07/15(月) 00:27:28.87 ID:vJ/gmi66
どゆこと?








10 :名無しのひみつ:2013/07/15(月) 01:25:38.57 ID:kFNeEfMr
つまりHDDをコピーするように知識を得ることができるようになるかも?







15 :名無しのひみつ:2013/07/15(月) 02:30:57.22 ID:aotyKmlo
目で見たまんまがカメラみたく脳内に映ってるんじゃなくて、
目で見た情報を増幅したり、過去にあった蓄積された画像データとつなぎ合わせて、外界を認識している

って事(´・ω・`)?








16 :名無しのひみつ:2013/07/15(月) 02:41:42.90 ID:j97IhsdB
フォトグラフィックメモリーとか超記憶能力持ってる人間は
仕組みが違ったりするのかな








17 :名無しのひみつ:2013/07/15(月) 03:20:34.35 ID:VHO42xqN
数十年前までは哲学の領域だったのにねえ。
大したもんだ。








18 :名無しのひみつ:2013/07/15(月) 03:25:27.90 ID:vJP7PeGp
また一歩AIの完成に近づいたってことけ







14 :12:2013/07/15(月) 02:29:16.77 ID:75tS676Z
より正確にはこう取ればいいのか

>>1の「前者の」(従来の)では、

「下の部署の全書類のコピーを上の部署で取って、そこで重要なものをまとめて、そうでないものは捨てる」
その上では同様に「そのまとめたものの全コピーを取って、さらに重要なのだけまとめて、無用なものは捨てる」

「後者の」では
「下の部署自体でまとめ作業をして、上に送る」

効率の問題 何でいちいち前者だと考えたのか









8 :名無しのひみつ:2013/07/15(月) 01:11:41.75 ID:bGwncgdf
>神経表象の「前駆コード」ねえ
情報を簡素化、タグでもつけて分類でもしてんのかな?
おもしろいね
次の研究に期待します







12 :名無しのひみつ:2013/07/15(月) 01:55:37.62 ID:75tS676Z
>>8
というか単に、
外界に近い下の部署ではたとえば「お客様の声アンケート用紙」が全部雑多に来てそこにある、
そのうち多数派の重要なものをそこでくっつけたりある程度まとめて、上の部署に送る

みたいなことだろいわば で当たり前といえば当たり前
そうでなければ「下の部署」の仕事はいったい何なのかということになる

>ある脳領野における視覚特徴の神経表象は、その領野において生成され、支配的な神経表象になる

上の部署に全部の書類が来て、そこでまとめる、ってか? みたいな
そうとしてさえ、そこでまとめた調査書は、結局そのまた上に送る、
それはつまり、「下でいったんまとめたものが送られてくる」ということで、同じことになる
何やらまあ本当に当たり前のことじゃないのかと












11 :名無しのひみつ:2013/07/15(月) 01:51:04.56 ID:7royjDEg
何言ってるかわかんねーよ




関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック