ワールド2chニュース-W2N- 

海外のニュースを中心にした情報サイトです

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【アメリカ】除草剤が効かない「スーパーウィード」と呼ばれる突然変異の雑草が大繁殖

2014.01.17 (Fri)
147852zassou.jpg

1 :1/2@白夜φ ★:2014/01/16(木) 23:35:11.92 ID:???
農薬の効かない雑草「スーパーウィード」、米国で大繁殖
2014年01月15日 19:33 発信地:ニューヨーク/米国

【1月15日 AFP】米国で除草剤が効かない「スーパーウィード」と呼ばれる突然変異の雑草が大繁殖している。
環境運動家や研究者からは、遺伝子組み換え(GM)作物が原因だという声も上がっているが、業界の大手各社はこれを否定している。

米科学誌サイエンス(Science)9月号に発表された研究報告によれば、除草剤に対する耐性をもったGM種子が開発されたために、除草剤が過剰使用されていることが原因だと、多くの科学者が指摘している。

「除草剤として世界で最も普及しているグリホサート系の農薬が効かない雑草が、米国内の大豆や綿、トウモロコシ農場の大部分で繁殖」している。
多くは、除草剤耐性のあるGM種子を使っている農場でのことだという。

アグリビジネスの市場調査会社、ストラタス(Stratus)の最新調査によれば、グリホサート系除草剤が効かない雑草が生えていると答えた農家は、2011年には米国の農家全体の34%だったが、2012年は49%と半分に迫っている。

■問題の除草剤とGM種子、共にアグリビジネスの産物

グリホサートは米国で最もよく使われている除草剤で、1970年代に米アグリビジネス大手モンサント(Monsanto)が開発した。
「ラウンドアップ(Roundup)」の商品名で市販されている。同社はまた1996年にグリホサートに耐性のあるGM種子を初めて開発した企業でもある。

モンサントのライバル企業の一つ、米化学大手ダウ・ケミカル(Dow Chemical)も「Durango」の名称で同様の製品を販売している。

しかし、アグリビジネス業界は、スーパーウィードの繁殖に関する責任を否定している。
モンサントの広報は「除草剤の効かない雑草は、GM作物が開発されるずっと以前からあった」と反論している。
米農務省(USDA)も同じく「数十年前から起きている現象」だという見解だ。
「時間とともに作物が耐性を選択する結果、自然に起きることで、すべての除草剤でみられる」としている。

またUSDAは、GM作物ではなく「農家の除草の仕方」にスーパーウィード繁殖の一因があると強調する。
GM種子と一緒に、モンサントや競合他社が開発したグリホサート系農薬を使っていることが問題だという主張だ。

ダウ・ケミカルの広報も「問題は、過去の除草剤耐性作物の栽培システムが、グリホサートの過剰使用につながったことにある。
他に有効な除草法を、農家が見つけられなかったからだ」と述べている。?

(>>2以降に続く)
___________

▽記事引用元 AFPBBNews 2014年01月15日 19:33配信記事
http://www.afpbb.com/articles/-/3006577
http://www.afpbb.com/articles/-/3006577?pid=0&page=2







2 :2/2@白夜φ ★:2014/01/16(木) 23:35:32.95 ID:???
(>>1の続き)

■耐性獲得の悪循環に関する指摘

しかしGM作物に反対するNPOや研究者などは、GM作物がスーパーウィードの繁殖を大きく加速させたという立場だ。

悪循環を指摘するのは、米ワシントン州立大学(Washington State University)の「持続可能な農業と天然資源センター(Center for Sustaining Agriculture and Natural Resources)」のチャールズ・ベンブルック(Charles Benbrook)氏だ。
除草剤の投入量を増やせば増やすほど、グリホサート耐性の強い雑草が残るという説明だ。

米化学大手デュポン(DuPont)の種子部門「パイオニア(Pioneer)」のウェブサイトに公開された研究によると「グリホサート系除草剤は、グリホサート耐性のある作物の導入に先駆けて20年もの間、使用されていた。
その間、耐性に関する問題はなかった」という。しかし、やがて作物は耐性を獲得した。
「最初は長年にわたって、1シーズンの間に何度もグリホサート系除草剤を使用してきた地域から」だったという。

ベンブルック氏よれば「スーパーウィードはGM作物に頼っている農家にとって大問題となっており、そうした農家は、除草剤使用量を毎年25%ずつ増やさざるを得なくなっている」。
さらに「今後、複数の除草剤に耐性のあるGM種子が新たに認可されることにより、除草剤の投入は平均使用量よりも、少なくとも50%は増えるというのが多くの専門家の予測」だという。

米農務省は1月、ダウ・ケミカルが開発した複数の除草剤に耐性をもつGM種子の認可を検討することを発表した。
その除草剤の中には、癌や筋萎縮性側索硬化症を発症させる可能性が指摘されている強力な農薬も含まれている。(c)AFP/Veronique DUPONT

------引用ここまで----------








4 :名無しのひみつ:2014/01/16(木) 23:37:55.73 ID:Q79VpInf
何も考えずに除草剤とか撒くからこうなる。




6 :名無しのひみつ:2014/01/16(木) 23:41:13.53 ID:49zLch2+
つ 山羊




14 :名無しのひみつ:2014/01/16(木) 23:48:55.79 ID:LydS3CKT
放牧にして食わせれば




21 :名無しのひみつ:2014/01/16(木) 23:57:46.78 ID:ZXcDj3G0
尖閣のヤギ貸してやろうか?




40 :名無しのひみつ:2014/01/17(金) 01:38:30.30 ID:/znEBqhU
>>6、>>14、>>21
空き地の雑草処理ならそれでいいがこの場合肝心の作物ごと食われるだろ、
特にトウモロコシは。





7 :名無しのひみつ:2014/01/16(木) 23:41:54.12 ID:ClYzhY9/
手でぬけよ




17 :名無しのひみつ:2014/01/16(木) 23:55:15.04 ID:ainPdGL+
>>7
ビジネスチャンスだな
日本の技術を結集して雑草抜きロボを開発だ





12 :名無しのひみつ:2014/01/16(木) 23:47:30.13 ID:TAjD2n/L
広い農地に飛行機で農薬ばらまけば耐性持った雑草が生まれてもおかしくないよね
でもおかしいな、一番そう言うのがやばそうなのは中国なのに…





19 :名無しのひみつ:2014/01/16(木) 23:56:39.39 ID:OkOFyfoa
>>12
>>1の現象は、特定の農薬を使い続けたせいで偏った選択圧が掛かったからだよ。
中国の汚染源は多様すぎるw





20 :名無しのひみつ:2014/01/16(木) 23:56:41.80 ID:SkTX2C8X
ものすごい笑ってるっぽい新種の「w」が発見される - NAVER まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2138943314207476601




22 :名無しのひみつ:2014/01/16(木) 23:58:40.41 ID:V+aPF3U+
雑草対策には塩が一番『朝鮮日報』
http://www.chosunonline.com/svc/view.html?contid=2005011263007
確かにその通りだ。半万年の歴史を誇る韓国人の知恵には脱帽だ。




36 :名無しのひみつ:2014/01/17(金) 01:28:07.61 ID:MKwK0vgm
>>22
クッソワロタwwwwwwwwwwwwwww




23 :名無しのひみつ:2014/01/17(金) 00:04:05.22 ID:FQMR8yTj
ラウンドアップは日本のホムセンにも置いてあるだろ?大丈夫?
あと、スーパーウィードを日本に持ち込まないでね





25 :名無しのひみつ:2014/01/17(金) 00:16:18.13 ID:P2D1i3tJ
突然変異とか言う前に、除草剤ばらまきまくれば耐性の強い固体だけが生き残って繁殖するのは当然だろうけどね。
植物の品種改良作業自体が、そういうことをずっと繰り返してきた結果そのものなんだし。
米なんかでも、昔は冷害の最中に生き残った苗の籾だけ選別して耐寒冷種作ってきたわけで。





27 :名無しのひみつ:2014/01/17(金) 00:20:12.43 ID:5/qGYyCv
周りに天敵や邪魔者がいなくなれば増える
それだけのことだな





29 :名無しのひみつ:2014/01/17(金) 00:28:28.00 ID:zKZV9Vdc
家畜飼料に混入して日本にも侵入するだろうな
堆肥は完熟してからまこうぜ





30 :名前をあたえないでください:2014/01/17(金) 00:29:21.33 ID:2C5OVmmn
「風の谷のナウシカ」の世界も夢ではなくなるな




32 :名無しのひみつ:2014/01/17(金) 00:55:55.56 ID:Z9NAfAQf
蠅と殺虫剤の関係と同じだな。




33 :名無しのひみつ:2014/01/17(金) 01:03:19.78 ID:niPKBUl5
トノサマバッタに食わせろ




37 :名無しのひみつ:2014/01/17(金) 01:29:11.47 ID:Q1ei0jbV
>>33
今度はバッタが異常繁殖して、黙示録状態になりそう




38 :名無しのひみつ:2014/01/17(金) 01:35:33.51 ID:dVVm4LZo
その遺伝子を穀物に注入すれば、「庭ほっとくととうもろこしが大量発生して困る」みたいな事態に




41 :名無しのひみつ:2014/01/17(金) 01:48:41.97 ID:+bc7L8mc
複数種類の農薬を数年スパンで代わる代わる使うしかないな
どうやったって起きる問題だし







39 :名無しのひみつ:2014/01/17(金) 01:37:17.29 ID:w/rT8dMC
モンサント「ラウンドアップが効かない雑草にはこれ、ラウンドアップ超ハイロード!お値段たったの99ドル80セント!」





関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。