ワールド2chニュース-W2N- 

海外のニュースを中心にした情報サイトです

チェコ の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【チェコ】2型糖尿病の食事療法、「朝昼だけたっぷり」が最も効果的か

2014.05.22 (Thu)
4bfe6dfe.jpg
1: かじりむし ★ 2014/05/21(水) 19:58:14.71 ID:???

2型糖尿病の食事療法、「朝昼だけ」が最も効果的か研究
http://www.afpbb.com/articles/-/3015460
AFP 2014年05月21日 10:38 発信地:プラハ/チェコ


【5月21日 AFP】2型糖尿病患者の食事療法についてはこれまで、1日分を最大で6回に分けて少量ずつ取ることが推奨されてきたが、このほど発表された研究結果によると、朝食と昼食の2回をたっぷりと食べる方がより効果的である可能性があるという。

研究論文は欧州糖尿病学会(EASD)の学会誌「ダイアビトロジア(Diabetologia)」に掲載された。

チェコ・臨床実験医学研究所(IKEM)の研究者、ハナ・カフロバ(Hana Kahleova)氏は20日、AFPの取材に「今回の研究では、1日当たりのカロリー摂取量はほぼ同じで、食事を1日5~6回に分けて少量ずつ取る方法と、朝食と昼食の2回だけを取る方法について、それぞれの有効性を比較した」と語った。

今回の研究は、インスリンの分泌不全とインスリン抵抗性に起因する2型糖尿病および肥満症の患者で、年齢が30~70歳の男女54人の被験者を対象に行われた。

カフロバ氏によると、研究開始後3か月弱で、1日に2回たっぷりの食事を取ったグループは、従来の方式に従ったグループに比べて、体重の減少量が平均1.4キロ多かったという。

「空腹時の糖、インスリン、グルカゴンの各値の減少率も、朝と昼に食事をした患者グループの方が高く、さらにはインスリンの感受性も向上した」

だが既にインスリン治療を行っている場合、その投与量を大幅に調整する必要があるため、「この食事療法を医師の診断なしで開始してはならない」とカフロバ氏は注意を呼びかけた。

また今回の研究結果を検証するためには、さらに広範囲の研究を行う必要があると同氏は付け加えている。

さらにカフロバ氏は「今回の研究結果だけに基づいて、一般的なアドバイスを導き出すことは不可能だ」とAFPの取材に述べている。


原論文:
Two large meals (breakfast and lunch) better than six small meals with same calories for controlling
weight and blood sugar in people with type 2 diabetes
http://www.diabetologia-journal.org/files/Kahleova.pdf





続きを読む »
スポンサーサイト

【チェコ】顔が小さい人、鼻は大きい人、常に微笑んでいる人は頭が良さそうに見える。逆に怒っている人は知力が低そう

2014.04.15 (Tue)
vip225076_R.jpg

1: Hi everyone! ★ 2014/04/15(火) 01:17:47.66 ID:???0

ロシア紙コムソモリスカヤ・プラウダ(電子版)は10日、顔の表情と形がその人の知力レベルをあらわす証拠になるという実験結果が公表されたと報じた。11日付で中国網が伝えた。

記事によると、チェコの科学者が、その人が聡明かどうかを判断する上でポイントとなる要素を発見した。実験対象は男女各40人。
全員に知力テストを受けてもらい、ノーメイクで笑顔のない状態で1人ずつ写真を撮影した。その後、写真を実験対象とは全く関係のない160人に見てもらい、頭がよさそうに見えるかどうかを尋ねた。

その結果、男性は頭がよさそうだと言われた人は実際の知力テストの結果も良かったが、女性は必ずしもイメージとテストの結果は一致しなかった。また、写真と実際のテストの結果を分析した結果、知力が高い人の顔は小さく、鼻は大きいという特徴があることが分かった。

常に微笑んでいる人も頭がよさそうに見えることが分かった。

同じ人の写真でも、怒ったような表情の時は知力が低そうに見えたという。

ソース(新華社) http://www.xinhua.jp/rss/379485/


続きを読む »
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。